あかりのまわり

不安から回復するブログ

TWICEのミナさんが不安障害と診断されたらしいが

 

 

TWICE ミナ、診断結果は不安障害…JYPが公式コメント「スケジュール参加は健康状態に基づいて判断」 - ENTERTAINMENT - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

 

TWICEといえばTT

あれめっちゃ可愛いよね。

ファンじゃないけどアレだけは知ってるし好き。

 

さて、そのTWICEのメンバーであるミナさんって人が不安障害と診断されたらしい

 

おぉ。

ようこそ、こちら側の世界へ…

 

ってのは冗談として

なんかこれを機に「不安障害」というワードが

少しだけメジャーになりそうな気がする。

知らない人はとことん知らないもんね。

パニック障害だって不安障害のひとつなんだけど。

 

このニュースを見てからしばらくして思ったこと。

 

「あれ?

この病気、可愛い人でもなるんや………」

 

とんだ偏見かもしれないが、そう思った。すみません。

というのも不安障害って、

自分をとことん否定して、自分にとことん自信を失ってから発症してしまうものなのではないかと

自分の中で予想していたから

 

画像を見るかぎり

可愛い。美人。スタイル良い。肌きれい。

(私には無いもの全部持っとる)

 

もちろん、人の悩みって外見だけに限らないから

このミナさんにもさぞかし

いろいろ、いろいろ、いろいろ、

大変なことがあったのだろうと思う。

芸能活動は我々の知る日常とかけ離れていそうだし、

私の想像つかないような困難に出くわしたのかもしれない。

でもその見た目で、いつ自分に自信を失ってしまったのだろうか、

などと考えてしまったわけである。すみません。

 

 

 

今日、ふと仕事中に思った。

もし目の前に、

不安障害になったばかりの人がいたら

自分はなんて声をかけるだろうか?

もし、ありえないけど

ミナさんがこのブログを読んでくれていたとしたら(笑)、

何を言えるだろうか?

 

まず、

不安障害は必ず治るものですから、安心してください

と言うだろう。

どれだけ時間がかかろうと、ちゃんと自分と向き合って前向きに生きていくことを諦めなければ、

必ず大丈夫な日が来ますから。

そうやって励ましたい。

そう言いながら、自分のことも励ましたいし、自分がそのいい例になればいいとも思う。

 

不安障害になった人に、治るヒントとして目を向けるべきいくつかのことも教えたい。

 

① 食生活

② 姿勢(体づくり)

③ 考え方の癖

④ ホルモンバランス

 

自分はもうすぐ体調を崩して10年(!)になるが、

不安障害から復活するにはとことん自己改造、内から外から変わる必要があるとつくづく思ったし、気づいた。

 

今のままの自分ではいけない、

と心底気づかなければ、変わることなど出来やしないのだった。

 

 

更にとんだ偏見を言うとするなら

芸能人(有名人)って質の高い治療を受けられそうでいいな、と

毎回こういうニュースを見て思う。

実際はどうなのか知らないし知る術もないが

さぞかし敏腕カウンセラーがついて私なんかより何年も早い回復を遂げるのではないか

などと想像してしまう。

 

まぁ、そんな想像はさておき

ミナさんの一刻も早い回復を祈るばかりである。

不安障害を克服したとき

今までの人生のどんな幸せも超える幸せが待っているのだろうと思う。

私も勝手に(笑)一緒に頑張ろうと思う。

 

ちなみに

この記事に2回書いた「偏見」

体調を崩してから今まで何度も

常識って偏見だ

と思ってきた。

心の具合を少し悪くしたくらいで

この社会で死ぬほど生きづらくなるのは

ずばり偏見に縛られたニンゲンのせいである。

日本人の8割はくだらない偏見で生きている、と私は見ている(8割は多いか〜)

でも、ぜひこんなニンゲンの言うことなんかに振り回されずに

ミナさんにはミナさんのかけがえのない人生を見つけて欲しいと思う。

私にも私のかけがえのない人生があるはずだ、っていうかこの人生がまさにそうなのだ。

 

はぁ。

 

それでは