あかりのまわり

回復するブログ


うまく会話する方法をTEDで知った話

f:id:kariari:20170718194107j:plain

いつかの夏空。

暑いね。

こんにちは。

朗報です。

www.noikoblog.work

 ↑の記事で「対面でもっとうまく人と喋れるようになりてぇ~~」

と書いた自分に超ぴったりなTEDを見つけました。万歳。

 

 

TEDってハマる。

今年のどのタイミングだったか、あるブログで「自分と結婚する」みたいなタイトルのTEDが紹介されていて、ふぅう~~~ん…と思って見だしたのがきっかけでちょっとしたマイブームになった時期があった。

このスピーチにも「誰でも何かの専門家」ってワードが出てくるけど、世界中専門家だらけだなって感動した。専門家の話を聴くのってめちゃくちゃ楽しいし、すごく効率的な知識の得方ができるなって気づいてからは、気が向いたときにTED漁りをしている私なのであった。。。

 


10 ways to have a better conversation | Celeste Headlee

最も見過ごされたスキル…うん…私もそう思う

 

うまく会話するための10の方法

 

「“ながら”」をしない

手に何か持ったまま話さない、別のこと考えながら話さない、身も心も「その瞬間にいるようにする」

一方的に話さない

なにか学ぶものがあるはず、という姿勢で会話に臨む。

M・スコット・ペック「本当に聞くためには、自分を脇に置く必要がある」

自由回答の質問をする

いつ・どこで・だれが・何を・なぜ・どのように で始まる質問をするということ。複雑な質問をしても簡単な答えが返ってくるだけ。相手に説明させる。

流れに任せる

会話中に頭に浮かぶ別の話やアイデアは、ただ浮かんでは消えるにまかせる。

知らないことは「知らない」と言う

何かを「知っている」と言うときは注意しすぎるくらい注意する。

相手の体験を自分のものと同一視しない

相手と自分の経験は全く違うもの。会話中に自己宣言する必要はない。

同じことを何度も言わない

自分の言っていることが正しいと主張するために言葉を変えて何度も繰り返すことをやめる。

細かいことにこだわらない

相手が興味をもっているのはあなたであって話の詳細(年号・日付・名前など)はどうでもいい。

聞くこと *超重要*

ブッダ曰く「口が開いているときには何も学ばない」

お互いに話を聞かなければどうしようもない。

簡潔に

良い会話とはミニスカートのようなもの…

要約

「相手に興味を持つこと」

出来る限り口を閉じ、心を開き、感心させられるのを期待すること。

 

============

 

観客、笑い過ぎだよね。(笑)

 

これ見て思ったが、私は人に対して不安の感情がありすぎるあまり会話中ずっと別の考え事をしていることが分かった。考え事っていうか心配してる…。そうまさに、理解するというより「回答しようと聞いている」。何を言えば面白いか、変な人だと思われないか、気が利くやつだと思われるかetc…自分のことばかり考えていたなと反省した。

明日からこれに気を付けて実践していきます。今日?今日はね…有休とって家でのんびりしてる…。

効果か何か感じられたらまたブログに書きます。

 

周りにいるコミュニケーション力高い人がどうやって会話してるかって思い返してみると確かに人の話をよく聞いてる。反対に、その人は自分のことは何も考えてないって言ってた。

 

それにしても、これ翻訳してくれている人がいるからいいけど、日本語訳がない動画にたどり着くたびに何で自分はこんなに英語が聞き取れないんだろう!と思っている。

英語を勉強したいと思う回数がここ数年で増えてちょこちょこ英語を読むようにしてるんだけど、何をどこからどう手を付ければいいのだろうなー。

 

気になるとか面白いとかおすすめしたいTEDあったらまた紹介したいと思います。

 

それでは、また。