あかりのまわり

回復するブログ


熱中症予防のためのチェックリスト

f:id:kariari:20190803164415j:image

自室のてるてる坊主。

作者は職場の人。以前私と遊びの約束をした時に作ったもの。夏になって私が毎日「雨降って涼しくなれ!!」と煩いので手渡されました

 

 

今日、病院行って帰ってきたのが午前中の10時半とかだったんだけども、

もうすでに暑すぎた。

暑いっていうか熱い、焼ける焦げる皮脂でカラダ揚がる!!!

ってことで(?)

熱中症に気を付けたい私とアナタに、外出前のチェックリスト作ってみました。あと、暑い日に気を付けたいことリスト。

私は、実はこんなに不健康でありながら熱中症になったことがない…これからもなりたくないのです。必死です。あの、着ぐるみで練習中に…とか想像しただけで無理よね

ちなみに夏バテ=自律神経失調症です。夏バテ予防として思いつくのは冷たいものばかり食べないこと…それに尽きる…

暑さが落ち着くのはお盆が終わった後ぐらいだと思うから、うーん、あと20日間耐えればいけるかな。と、私は思っている。夏嫌いのみんな、一緒に乗り越えような。あと20回起きれば秋やで。知らんけど。(!)

 

熱中症にならないために…外出前のチェックリスト

 

□風邪を引いていない

□朝ごはんをちゃんと食べた

□寝不足ではない

□二日酔いではない

□下痢してない

□今日もぼちぼち仕事やれそう

 

以上に全部チェックついた人だけ今日も元気にいってらっしゃい

チェックつかない人は、休まれよ。

最後の項目何だいって言われそうだけど、一日の活動量に無理が無さそうか?って出かける前にちょっと考えてみるのも大事かと思います。

脱水状態と栄養不足の状態で炎天下に行くのが一番NGらしい。

肥満の人・小さい子どもと高齢者・自律神経と循環機能に影響を与える薬を服用している人・心肺機能と腎機能が低下している人は、熱中症になりやすいらしいので、周りも見て気を付けてあげてください。

 

暑い日に気を付けたいことリスト

 

□外気温と室温の差が大きくなり過ぎないようにする。

→この温度差が体にめちゃくちゃ負担かけてしまう。エアコンの設定温度調整と、いつでもどこでも羽織れるカーディガン持ち歩くことが必要

□暑い日は活動量に関わらず水分補給をすること。

こまめに、喉が渇く前に。起床時と入浴前後に。麦茶よりは水。スポーツ飲料も飲みすぎると糖分を摂り過ぎてしまうことになるので注意。緑茶は控える。水分補給にお酒なんてもってのほか。たくさん汗をかいたら塩分補給も忘れずに。

そういえば店で買おうとしたら高い経口補水液って家で作れるらしいですね。

www.kakuredassui.jp

□無理しない我慢しない頑張らないこれいつも心掛けたいことだね

□日陰を選んで歩く

□涼しい場所で過ごす

□吸汗・速乾素材の服を着る

□黒の服は控える

□襟元はゆるめて換気

□日傘・帽子を使う

 

以上は環境省の熱中症予防情報サイトを主に参考にして自分なりにまとめたものです。

これね。私、全部してます。

日陰を選んで歩く人生にはしたくないなあなんて思いながら。(適当)

おかげで全然夏バテしてません。

本当は5月・6月くらいに暑熱順化(体を暑さに慣らすこと)しておきたいところだけど、なかなか難しいなって毎年思う。暑熱順化の方法もそこに書いてあるので興味ある方はどうぞ。

 

 ========================

 

今年の暑さはでも去年よりマシ。100倍マシ!去年の今頃、私ゲロゲロ戻してましたから…

夏で自律神経イカレル理由第一位、温度差、だと思います。

 

でも去年の夏後からぐんぐん健康になってる気が致します。気のせいかもしれないけど、気が一番大事だから。

本当に大事なのは「短い夏を全力で楽しもう!!!」という心意気なのかもしれません。来年の…あるいは来世の自分に期待大。今世はもう移住せん限りダメかもわからん。(弱気)

 

みなさん、ご自愛くださいませ。それでは