自分の人生生きてない人のこと

昨日職場の人たちと飲みに行った時にそのうちの一人の漠然とした悩みごとを聞いた

話を全部聞いても「要は自分が見えてないだけなんじゃない?」って言いたくなる内容だった

自分がどうしたいか感じる前に理性で動いちゃってる感じ そうその感じ

 

最近、自分の人生を客観的に生きてる人がゴロゴロいると感じる。これって私が主体で生きれるようになってる証かもしれない。

 

いろんな人の話をたくさん聞いたわけじゃないけど、辛い人は、多分世間のメタメッセージに殺られてる。ネットのしすぎで。コンテンツに埋められて。

 

○歳までに就職、フリーターはクズ、ニートなんて生きる価値なし、そんなのは普通 人間として○○するのが常識、みんなやってるからうんぬんかんぬん

そんなのに縛られて生き方狭めて辛い辛い言ってばかなんじゃないの

 

ぐったりするね

うんざりするね

「みんな」なんていねーだろ、君も私も友だちだって少ないだろ

普通も常識も偏見になるんだぜ

いつまでそんな幻想に踊らされてるんだ、好き嫌いで生きて何が悪い?とやかく言う人は君の人生生きてないんだからさ、自分の人生生きればいいだけなのにさ

 

まあ、そんなことを、考えてた数時間。(数時間。笑)